スリクソン史上最高!Z765ドライバーが狙った弾道に飛ぶ理由とは

スリクソンZ565.Z765.Z765LD

出典 | スリクソンZ765ドライバー製品情報

”スリクソン史上最高の性能”とうわさの「スリクソンZ765ドライバー」を試したことはありますか?

海外でも大活躍中の松山英樹プロが、同じZシリーズのリミテッドモデルを愛用していたことで、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

国内では、秋吉翔太プロをはじめとするツアープロが続々スイッチして、「中弾道の風にも強い球でフェアウェイキープ率もアップした」「スピン量が劇的に減って理想的な弾道になり飛距離がアップした」「多少ミスをしても簡単にはブレないから安心」と大絶賛のドライバーです。

従来のスリクソンZシリーズはプロやトップアマなどの上級者でないと使いこなせないイメージがありましたが、今回のZシリーズでは「上級者だけでなく中級者にも使えるモデル」をコンセプトとして開発がスタートしました。

ソール全体を効率よくたわませることで、飛距離性能と低スピン弾道を両立させ、思い切り振り抜いても球がブレにくいと評判のドライバーは、「もっと飛ばしたい」「強い弾道で狙って打ちたい」「ミスは最小限に抑えたい」といった中・上級者ゴルファーのわがままにも答えてくれそうです。

今回は、「飛距離と方向性のどちらも手に入れたい」というゴルファーの理想を叶えてくれるスリクソンZ765ドライバーについて、その性能の高さの秘密から、実際に使用した感想まで、詳しくご紹介していきます。

目次

1. スリクソンZシリーズドライバーが「スリクソン史上最高の飛距離性能と方向性を実現した」と言われる3つの理由
 1.1. 波型ソールの大きなたわみが「高反発エリア10%向上」を実現
 1.2. ヘッド低重心化がスピン量を軽減し「狙える弾道」を生み出す
 1.3. 中級者も「しなり」「走り」を感じて思い切り振りぬける新シャフト

2. Z765ドライバーが「中級者でもしっかり叩いて中弾道で飛ばせる」3つの理由
 2.1. 低スピンで直進性のある弾道が「セカンドでピンを狙える飛距離」を生む
 2.2. 高反発エリアの拡大により、思い切り振りぬいてもバラつかない弾道
 2.3. 中級者にも扱いやすく、挙動の安定性も確保された新シャフト

3. スリクソンZ765ドライバーはどんなタイプのゴルファーにおすすめ?

4. 実際にスリクソンZ765ドライバーを使用した感想は?
 4.1. Z765ドライバーを使用しているツアープロのコメント
 4.2. スリクソンZ765ドライバー試打レビュー

5. スリクソンZ765ドライバーを手に入れるには?

6. まとめ

スリクソンZ765ドライバー

スリクソンZ765ドライバー| ダンロップ

飛距離:☆☆☆☆☆ 打感:☆☆☆☆ 構えやすさ:☆☆☆☆☆ 操作性:☆☆☆☆☆
当てやすさ:☆☆☆☆ 直進性:☆☆☆☆☆ 弾道の高さ:中弾道 シャフトの硬さ:X/S/SR

1. Zシリーズドライバーが「スリクソン史上最高の飛距離性能と方向性を実現した」と言われる3つの理由

2016年秋に登場したSRIXON(スリクソン)Zシリーズの最新ドライバーが、「スリクソン史上最高の飛距離性能を実現し、さらに方向性の良さも抜群!」と使用プロから大絶賛されている理由には

  • 波型ソールの大きなたわみが「高反発エリア10%向上」を実現
  • ヘッド低重心化がスピン量を軽減し「狙える弾道」を生み出す
  • 中級者も「しなり」「走り」を感じて思い切り振りぬける新シャフト

の3つがあるとされています。

今回のドライバーの開発チームはミスヒットしても飛距離が落ちない事、そして、上級者だけでなくアベレージゴルファーにも使えるモデルにする事を目指したそうです。

その目標を達成するために、ダンロップ独自の技術であるカップフェースソール構造をさらに進化させ、高反発スイートエリアの拡大と、低スピンの強い球を打ち出せるヘッド低重心化に成功したのです。

ここからは、スリクソンZシリーズドライバーが、ツアープロや中・上級者ゴルファーの理想「最高の飛距離と方向性」を実現した3つの理由について、くわしくご紹介していきます。

1.1. 波型ソールの大きなたわみが「高反発エリア10%向上」を実現

今回のスリクソンZシリーズドライバーは、前モデルのドライバーに比べて高反発エリアが10%も拡大しています。

その秘密は、段差をつけた波型ソール「パワーウェーブソール」。ソールを複数の段差をつけた波型にすることで、従来は難しかったフェース下部も大きくたわませることに成功し、特にフェース下部の反発性能が向上しました。

Ripple Effect Technology(リップルエフェクトテクノロジー)Ripple Effect Technology(リップルエフェクトテクノロジー)のたわみ効果

出典 | スリクソンZ765ドライバー製品情報

さらに、このパワーウェーブソールは、無駄な肉厚をつけずにソール全体を効率よくたわませる形状を追求した結果、反発性能と低重心化を両立させた業界初のモデルを実現したのです。

パワーウェーブソール

出典 | スリクソンZ765ドライバー製品情報

1.2. ヘッド低重心化がスピン量を軽減し「狙える弾道」を生み出す

「セカンドでピンを狙える飛距離性能」と「思い切り振りぬいてもバラつかない弾道」にこだわった開発チームは、さらに、カップフェース構造の改良とクラウンの薄肉軽量化にも着手しました。

まず一点目の「カップフェース構造」では、従来モデルにくらべフェースの巻き込み部を上下、つまりクラウン・ソール方向に伸ばし、溶接による接合部を極力フェースから遠ざけることで、フェースのたわみやすさを最大限に引き出し、反発性能アップを図りました。

新肉厚設計「ストレッチフレックス・カップフェース」と呼ばれるこの技術により、フェース全体の反発エリアが拡大し、ミスヒット時の飛距離のロスを最小限に抑えています。

特に、前述の波型ソールと、この改良版カップフェース構造により、従来は難しいと言われていたフェース下部の反発性能が大幅にアップしています。

改良版カップフェース構造

出典 | スリクソンZ765ドライバー製品情報

次に二点目の「クラウン薄肉軽量化」では、慣性モーメンの拡大と低重心化に成功し、方向安定性のアップとスピン量の減少を実現しました。

クラウン薄肉部分の厚さを0.45mmにすることで、前モデル比で約4g軽量化。それにより生じた余剰重量をヘッドの外周に効果的に配分することで慣性モーメントを拡大させ、方向安定性の向上に成功しています。

また、クラウンの軽量化はヘッド重心を低く、深くすることにもつながり、スピン量軽減を実現し「狙える弾道」を生み出しています。

クラウン薄肉軽量化

出典 | スリクソンZ765ドライバー製品情報

1.3. 中級者も「しなり」「走り」を感じて思い切り振りぬける新シャフト

今回のスリクソンZシリーズドライバーのために新たに開発された「Miyazaki Kaula」シャフトは、「思い切り振りぬける」ようにするために、中級者でも「しなり」や「走り」「つかまり」を十分に感じられるように改良されました。

具体的には、アベレージゴルファーにも扱いやすシャフトにするために、試作モデルで一般ゴルファー4,348名のスイングデータを基に開発、前モデルの「Miyazaki Kosuma」シャフトと比べて「しなり感」を出すために手元寄りを柔らかく、「つかまり」をよくするために先端も柔らかくしています。

ただし、単に柔らかくするだけだと頼りなさが出てしまうので、その対策として、ねじれを絞ったり、つぶれ方向の剛性を高めたりすることで挙動を安定させているのです。

「ゼクシオ ナイン」にも使用している「東レT1100G」カーボンをフープ層(下記イメージ図参照)に採用することで、つぶれ剛性は全モデル比24%も向上し、しなり挙動が大幅に安定しています。また、バイアス層(下記イメージ図参照)には世界初となる「90t-40t高弾性ハイブリッドプリプレグ」を採用し、シャフトのねじれ挙動も安定。

シャフトのフープ層とバイアス層たわみ挙動安定とねじれ挙動安定

出典 | スリクソンZ765ドライバー製品情報

これらの新しい技術が盛り込まれたことで、アスリートゴルファーが「安心して、思い切り振りぬける」シャフトが生まれ、スリクソン史上最高のドライバーに仕上がっているのです。

2. Z765ドライバーが「中級者でもしっかり叩いて中弾道で飛ばせる」3つの理由

従来は上級者向けのイメージが強かったスリクソンですが、今回登場したZ765ドライバーが「中級者でもしっかり叩いて中弾道で飛ばせる」理由には

  • 低スピンで直進性のある弾道が「セカンドでピンを狙える飛距離」を生む
  • 高反発エリアの拡大により、思い切り振りぬいてもバラつかない弾道
  • 中級者にも扱いやすく、挙動の安定性も確保された新シャフト

の3つがあるとされています。

Zシリーズドライバーの最新3モデルの中では、中・上級者アスリートゴルファー向けという位置づけのZ765。前モデル比でヘッド左右の慣性モーメントが18%アップし、ヘッド体積は15cm3アップしています。

ここからは、スリクソンZ765ドライバーが、よりしっかり叩けて、安定した中弾道を打っていける秘密について、くわしくご紹介していきます。

2.1. 低スピンで直進性のある弾道が「セカンドでピンを狙える飛距離」を生む

今回のモデルチェンジでは、新ヘッド構造の採用により前モデルのZ754ドライバーに比べて約15%~20%スピン量の軽減に成功しています。

その結果、吹きあがらずに前へ前へと進む弾道が出やすくなり、ランも伸びるため、飛距離の大幅アップが望めるのです。

さらに、低スピンで直進性のある球は風にも強いので、セカンドでピンを狙っていきたい中・上級者にとっては、理想的なティーショットに近づけられるドライバーと言えます。

2.2. 高反発エリアの拡大により、思い切り振りぬいてもバラつかない弾道

前モデル比で高反発エリアが10%も拡大したZ765ドライバーは、多少のミスヒットでも飛距離のロスや左右への曲がりが許容範囲に収まってくれます。

構えた時の見た目は、プロからの「大きく見えたほうが安心感がある」という声を取り入れていて、従来モデルの洋ナシ型を踏襲しつつ、ヘッド体積が15cm3、投影面積が6%それぞれ大きくなっています。

ヘッドの挙動がニュートラルなので、思い切り振りぬいても球筋はストレートに近いフェードが出やすく、ハードヒッターでも左を気にせず叩けるドライバーに仕上がっています。

シビアなティーショットの場面でも、強い味方になってくれそうですね。

2.3. 中級者にも扱いやすく、挙動の安定性も確保された新シャフト

今回新しくなったシャフトのポイントは、「しなり」を感じられる柔らかさと、挙動を安定させるための剛性アップを両立した点です。

Z765ドライバーには従来モデル同様の60g台のシャフトを標準装備していますが、しなり感を出すために手元寄りと先端寄りを柔らかくして、上級者はもちろん中級者もシャフトの「走り」や「つかまり」を十分感じられるようになっています。

単に柔らかくするだけでは打球が散らばってしまうので、それを防ぐための対策もしっかり施されているのでご安心を。ねじれを絞ったり、つぶれ方向の剛性を高める設計により、シャフト挙動は安定し、プロもフェアウェイキープ率がアップする程の成果が出ています。

今まで「自分にはまだ早いかな…」「カッコいいけど難しいから…」と諦めていた中級者の方々にも、試す価値ありのドライバーですね。

3. スリクソンZ765ドライバーはどんなタイプのゴルファーにおすすめ?

ここまでご紹介してきた、スリクソンZ765ドライバーですが、特にオススメなのは

  • 低スピンの力強い弾道で飛距離を伸ばしたい方
  • 左へのミスを減らしたいハードヒッターの方
  • ドローとフェードを打ち分けたい方

といった方々です。

低スピン度合いが市販品の中でもトップクラスのスリクソンZ765ドライバーは、中弾道でランが多く出せる分、飛距離アップが期待できます。

また、スウィング中に「しなり」を感じ取りやすく、シャフトの挙動が安定しているため、コースの状況に応じてドローとフェードを打ち分けたい中・上級者アスリートゴルファーの強い味方になってくれることでしょう。

捕まりに関しては、左へのミスが出にくいセッティングになっているので、フックが怖いハードヒッターにはピッタリの一本です。

4. 実際にスリクソンZ765ドライバーを使用した感想は?

それではここからは、スリクソンZ765ドライバーを使ってみた方々のコメントをご紹介していきます。

4.1. Z765ドライバーを使用しているツアープロのコメント

国内ツアーで活躍中の秋吉翔太プロのコメントがこちら。

力強い中弾道で飛び風に強い。フェアウェイキープ率もアップ

『Z765』ドライバーの顔が好きです。僕の場合、ドライバーのショットでは、ボールをしっかりつかまえてからフェードを打ちたいんです。だから、フェースがあまり見えすぎていると構えにくくて、どちらかというとフックフェース気味に見えるヘッドが好きなんです。「Z765」はまさにそんな顔をしています。

飛び方も気に入っています。僕は、ダウンブロー気味にヘッドを入れて押し出すようなイメージで打っていくので、打出し角が他のプロよりもかなり低いんです。だから出球が低くて、そこからホップしていくような球が昔から好きなのですが、「Z765」で打つと、僕好みの中弾道の強い球が出ます。だから当然風にも強いですね。

それと、このドライバーに替えてフェアウェイキープ率が去年より上がりました(注:ツアー13位。ダンロップ・スリクソン福島オープン終了時点)。去年もフェアウェイキープ率は悪くなかったのですが、球筋が、よりストレートに近いフェードになったことで、さらに方向性がよくなりました。

ダンロップ ツアープロたちが続々スイッチして絶賛愛用中! | https://golf.dunlop.co.jp/term/ter201/index.html

実際にプロツアーで戦うための武器に選んだ理由だけあって、非常に説得力がありますね。

4.2. スリクソンZ765ドライバー試打レビュー

続いて、このドライバーを試打された方々のレビューコメントです。

今回のスリクソンは良いです!M1 430よりも直進性安定していました!シュミレーターの結果でしかありませんが、バックスピン量が多い方には良いのではないでしょうか?かなりの低スピンが望めました。ヘッドスピードを落とすと右に抜けそうな感じはありますが、フッカーの長距離砲の方には良いかと。

また、ミヤザキの新シャフトも良かったので、スイングに合わせてシャフトチョイスすると扱いやすくなると思います。

my caddie | http://mycaddie.jp/detail_PID_8139.htm

5. スリクソンZ765ドライバーを手に入れるには?

スリクソンZ765ドライバーは、全国のゴルフショップ、またはネットショップで購入することができます。

どちらで購入する場合でも、ショップや練習場の試打会などで実際に試打することをお勧めします。自分に合うドライバーなのか、自分の求めているドライバーに近いのかを確認したうえで、購入するかどうかを検討してみてください。

店舗販売ならお店によっては価格交渉ができる場合もありますし、ネットショップなら価格比較が簡単にできて、特に忙しい方には便利ですね。

6. まとめ

今回は、スリクソン史上最高の飛距離と狙える弾道でツアープロも大絶賛のZ765ドライバーをご紹介しました。

アベレージゴルファーまでターゲットを広げて開発されただけあって、中級者ゴルファーも「安心して思い切り振りぬける」、そして上級者には垂涎の「飛距離アップとバラつきの少ない弾道」が手に入るドライバーに仕上がっています。

「ドライバーの精度を上げて、スコアアップを目指したい!」という方や、「思い切り振りぬいて気持ちよく飛ばしたい!」という方には、試してみる価値ありのドライバーではないでしょうか。ぜひ一度挑戦してみてください。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中