ドライバー顔負け!テーラーメイドM1フェアウェイウッドの性能とは

taylormadem1fw

重心位置を調整が可能で、安定して飛距離を得られるフェアウェイウッドがあったら、魅力的ではないでしょうか

2016年に全米オープンを制した「ダスティン・ジョンソン」も使用している、テーラーメイドM1フェアウェイウッドであれば、そんな魅力的な性能を得ることができます!

テーラーメイドM1フェアウェイウッドの魅力は、何と言っても低重心を保ったまま重心位置を調整できるシ機能と、飛距離性能と安定性能を向上させるシステムだと思います。

そんな機能を使いたくなるのは、上達してくるにつれて「もっと飛ばしたい」「大事なショットでミスをなくしたい」というように、現状に満足できていないゴルファーではないでしょうか?

テーラーメイドM1フェアウェイウッドは、中級者ゴルファー以上に向いていると言われていますので、今のフェアウェイウッドに満足していない中・上級者ゴルファーは、一見価値アリです!

そこで、今回はドライバー並の飛距離も出せて、安定感もあると評価されている、テーラメイドM1フェアウェイウッドをご紹介します。

目次

1. テーラーメイドM1フェアウェイウッド紹介
1.1 テーラーメイドM1フェアウェイウッドのスペック
1.2. 飛距離を向上させる設計
1.3. 弾道とスピン量を調整する設計
1.4. シャフトの特徴

2. テーラーメイドM1フェアウェイウッドの感想は?
2.1. 飛距離についての感想
2.2. 打感や弾道についての感想

3. テーラーメイドM1フェアウェイウッドの動画紹介
3.1 テーラーメイドM1フェアウェイウッドの試打動画
3.2 テーラーメイドM1フェアウェイウッドの試打と感想動画

4. テーラーメイドM1フェアウェイウッドがオススメな人は?

5. テーラーメイドM1フェアウェイウッドを購入するには?

6. まとめ

テーラードトップ リライト

テーラーメイドM1フェアウェイウッド|テーラーメイド

飛距離:☆☆☆☆☆ 打感:☆☆☆☆☆ 構えやすさ:☆☆☆☆☆ 操作性:☆☆☆☆
当てやすさ:☆☆☆☆☆ 直進性:☆☆☆☆☆ 弾道の高さ:中高弾道 シャフトの硬さ:SからSR

1. テーラーメイドM1フェアウェイウッドの紹介

テーラメイドM1のフェアウェイウッドは、全米オープンを制したダスティン・ジョンソンが使用していることでも知られています。

さらに、2015年12月に発売された後、2016年の”ホットリストジャパン・フェアウェイウッドの部”でゴールド賞に選ばれたクラブです。そのため、多くのゴルファーから注目を集めているようです。

そんな多くの注目が集まるテーラーメイドM1フェアウェイウッドですが、基本情報やポイントはどのようなものなのでしょうか。

以下のようにまとめてみました。

  • テーラーメイドM1フェアウェイウッドのスペック
  • 飛距離を向上させる設計
  • 弾道やスピン量を調整する設計
  • シャフトの特徴

上記ポイントにあるように、テーラーメイドM1フェアウェイウッドは、飛距離を向上させる設計や、弾道とスピン量を調整できる設計を持っています。

そこで、ここからは 評価の高いテーラメイドM1フェアウェイウッドについて、詳しく紹介していきます!

1.1. テーラーメイドM1フェアウェイウッドのスペック

クラブを新調しようと考えている時に、気になるのはそのクラブの特徴や魅力だと思いますが、決め手となるのはスペックではないでしょうか。

ここでは、テーラーメイドM1フェアウェイウッドのスペック表をご紹介したいと思います。下記表を参考にしていただければと思います。

HEAD  シャフト名/フレックス #3 #5
ヘッド素材/フェース素材 ////////////////////////// ステンレススチール[450SS] + グラファイト・コンポジット・クラウン / ステンレススチール[C300]
ロフト角( ゜) ////////////////////////// 15 19
ライ角( ゜) ////////////////////////// 56.5 57
ヘッド体積 (cm3<㏄>) ////////////////////////// 150 132
長さ(インチ) TM1-116 43.25 42.25
Speeder661EVOLUTION II 43 42
Tour AD GP-6
TM1-116 S ●∗1 ●∗1
SR ●∗1 ●∗1
R ●∗1 ●∗1
Speeder 661 EVOLUTION II S
Tour AD GP-6 S

∗1.レフトハンドも用意してあるとのことです。オリジナルシャフトの展開だけとなっています。

3番ウッド(スプーン)のヘッド体積は150ccで、市販の3Wに比べるとやや小振りな印象があります。シャープな洋ナシ形状のヘッドと、ややディープなフェースが特徴的で、ハードヒッターが好む顔つきではないでしょうか。

129662_294294129663_294294

テーラーメイドM1フェアウェイウッド| テーラメイド公式HP

上記画像のように、カラーはホワイトとブラックのツートーンとシンプルで、構えたときに集中力が削がれるような派手さがないのも良いと思います。

ヘッドの低重心化を図ったモデルということもあり、スタイリッシュなヘッドに見えますね。

1.2. 飛距離を向上させる設計

飛距離を向上させる設計を持っていることも、テーラーメイドM1フェアウェイウッドの魅力の一つです。

下記画像は、テーラーメイドM1フェアウェイウッドの設計についてのコメントが記載されているものです。飛距離の他、弾道などについてもコメントがありますので、参考までにご覧ください。

テーラーメイドM1フェアウェイウッド|テーラメイド公式HP

飛距離性能を上げるための設計として「ロー・フォワード・シージー」というものがあります。画像のコメントにあるように、低・前重心設計のヘッドによって、飛距離性能を向上させる設計です。

また「フロント・トラック・システム」では弾道を調整することができ、さらに「グラファイト・コンポジット・クラウン」では軽量化とさらなる低重心化を実現しています。

これらも、飛距離向上に一役買っている設計と言えます。

1.3. 弾道とスピン量を調整する設計

先述していますが、ここでは、弾道とスピン量を調整する設計である「フロント・トラック・システム」について、ご紹介したいと思います。

下記画像は「フロント・トラック・システム」のチューニング方法が記載されているものになります。参考にしてください。

テーラーメイドM1フェアウェイウッド|テーラメイド公式HP

画像のように「フロント・トラック・システム」では、バックスピン量・打ち出し角・操作性の調整が可能です。これらを調整する事で、弾道も変わってきます。

自身の手によって、打ち出し角やスピン量を調整し、操作性の向上も望めるというのは、中・上級者ゴルファーにとって大きな魅力になるのではないでしょうか。

1.4. シャフトの特徴

テーラーメイドM1フェアウェイウッドシャフトは、3本用意されています。

以下のシャフト画像とスペック表を掲載して、ご紹介します!

shaft_m1_fw

テーラーメイドM1フェアウェイウッド| テーラメイド公式HP

ここからは、それぞれのシャフトのスペックを表でご覧ください!

SHAFT TM1-116 Speeder 661 EVOLUTION II TourAD GP-6
フレックス S/SR/R S S
クラブ重量(g) 323/321/317 328 328
シャフト重量(g) 54/52/49 69 66
トルク 4.2/4.6/4.8 3.8 3.1
バランス D2/D2/D1.5 D3.5 D3.5
キックポイント
グリップ TM 360 Red CP (径60/47.5g)

表を見ると、それぞれのシャフトの違いが良く分かるのではないでしょうか?

フレックスについては「TM1-116」のみがS・SR・Rの3種類用意され、その他2本はSで統一されていますね。また「TM1-116」のSフレックスは、手元剛性が高く、中間部分から先端にかけてしなる、典型的な中調子と言われています。

ヘッドスピードが早めで、適度な重量感を求めているゴルファーであれば「Speeder 661 EVOLUTION II」や「TourAD GP-6」を選択すると良いでしょう。

シャフトがしっかりしているため、タイミングがとりやすいと思います。

2. テーラーメイドM1フェアウェイウッドの感想は?

ホットリストジャパン”でゴールド賞を受賞したテーラーメイドM1フェアウェイウッドですが、その実力は今一つ分からないですよね。

そこで、ここからは試打したゴルファーの感想や、使用しているゴルファーの感想を中心にご紹介し、よりテーラーメイドM1フェアウェイウッドの魅力に迫りたいと思います。

2.1. 飛距離についての感想

やはり、多くのゴルファーが気になるのは、その飛距離ではないでしょうか?

そこで、ここでは、飛距離を中心とした感想をご紹介したいと思います!

コスパも感激でしたが、打感と飛距離が良いです。M2も打ちましたが、顔ははるかにM1でしょうね。当分の間はエースになりそうな予感します。

 

GDO|http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/fw/review/pdt/3729/gca0000060225/Default.aspx?pageNo=1

飛距離性能は申し分なく、とにかく真っ直ぐ高く飛びますので、R15より10ヤードくらい飛んでいます。(210Yの練習場のネットに直接当ります) 高さはティーショットではLowerでも充分すぎるほど上がりますし、芝からでも充分です。

 

GDO|http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/fw/review/pdt/3729/gca0000060225/Default.aspx?pageNo=1

飛距離に関しては、概ね満足しているというゴルファーが多いように見受けられました。全体的な評価も高く、“ホットリストジャパン”でゴールド賞に輝いた実績は確かなもののようです。

2.2. 打感や弾道についての感想

飛距離に続いて、打感や弾道についての感想をご紹介します。飛距離と同じように、打感や弾道は重要な部分ですので、チェックしてみてください!

3Wと5Wを同時購入。長年使用してきたTaylor Made V-STEEL 2008からの買い替えです。V-STEELの顔つき及び打感が気に入っていた為、別メーカーのFWを使用する気がなかなか起こりませんでしたが、M1は顔つきも好みだったし、シャフトSpec等もあまり変わらなかったので購入してみました。ノーマルポジションでは弾道が低く、右へ吹けて行きやすかったので、ロフト&弾道調整をしたら、思い通りの弾道となりました。次回ラウンドが楽しみです。

 

GDO|http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/fw/review/pdt/3729/gca0000060225/Default.aspx

RBZ以来のテーラーのFWを購入しました。以前のカチーンという甲高い打音と硬い打感があまり好きではありませんでしたが、M1の打音と打感には満足しています。また、多少のミスヒットでもそこそこ距離を稼いでくれるます。純正のTM1-116は少し柔らかめの感じで、力まずゆったりと振った時の打球の伸びが素晴らしい反面、力が入ると大きく左に曲がるようです。

 

GDO|http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/catalogue/fw/review/pdt/3729/gca0000060225/Default.aspx

ロフトなどを調整することによって、思い通りの弾道になったという感想もあるように、やはり「フロント・トラック・システム」の実用性の高さを感じますね。

幅広いゴルファーに適用することができるフェアウェイウッドではないでしょうか。

3. テーラーメイドM1フェアウェイウッドの動画紹介

テーラーメイドM1フェアウェイウッドの感想や特徴を知っていくと「実物がどのようなものなのか気になって仕方がない!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、実際に試打している動画を2本ご紹介したいと思います。

1本目は、シンプルに試打している動画になります。2本目は、試打と感想、テーラーメイドM1フェアウェイウッドの特徴を紹介している動画になります。

2本合わせて1分40秒程度ですので、是非、ご覧ください!

3.1. テーラーメイドM1フェアウェイウッドの試打動画

1本目は、純粋に試打だけの動画になります。

まずは、テーラーメイドM1フェアウェイウッドの打感や打音、弾道と飛距離に注目してみてください!

動画でチェックしよう

いかがでしたか?

音が少し聞き取りにくいかもしれませんが、乾いた音でボールが飛んで行った、という印象を受ける方もいらっしゃると思います。

また、伸びのある飛び性能が魅力的に映った方も多いのではないでしょうか? 

3.2. テーラーメイドM1フェアウェイウッドの試打と感想動画

2本目の動画では、試打と感想、特徴について紹介している動画になります。より深くテーラーメイドM1フェアウェイウッドを知りたいと考えてる方には、とても参考になると思います。

是非、ご覧ください!

動画でチェックしよう

いかがでしたか?

動画冒頭の飛距離を見ても、飛ぶフェアウェイウッドだということが分かるのではないでしょうか。また、特徴についても分かりやすく説明しているため、大変参考になる動画でしたね!

4. テーラーメイドM1フェアウェイウッドがオススメな人は?

ここまでテーラーメイドM1フェアウェイウッドをご紹介してきましたが「自分に向いているか分からない」という方も多いと思います。

そこで、参考までに、よりテーラーメイドM1フェアウェイウッドがオススメできるゴルファーを、以下にまとめてみました!

  • 安定性と飛距離が欲しい
  • 弾道調整機能に魅力を感じる
  • 打感・打音にこだわりがある
  • シャフトにこだわりがある
  • スピン量が抑えられない
  • 中・上級者ゴルファー
  • ティショットでスプーンを使う
  • 100を切りたい人

上記のオススメポイントに一つでも当てはまる方は、是非、試打などしてみると良いと思います!

テーラーメイドM1フェアウェイウッドの魅力であり特徴とされる、弾道調整機能に魅力を感じる方や、飛距離を伸ばしたい、安定性が欲しいというゴルファーに向いています。

また、それほどやさしさを感じるフェアウェイウッドというわけではないようで、初心者を卒業した程度の実力を持つゴルファーから向いていると言われています。

ただし、初心者の方も試打などをしてみて、これなら扱えそう!と確信した時には、購入を真剣に考えてみても良いでしょう。購入の可否は、第三者ではなく、自身とのフィーリングで決めるものです!

5. テーラーメイドM1フェアウェイウッドを購入するには?

ここまでご覧いただいたゴルファーの中には、テーラーメイドM1フェアウェイウッドを入手したいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

なるべく価格帯を抑えて購入を目指す場合は、中古ショップなどでも取り扱いされている事も増えてきたため、中古クラブなどを扱っているゴルフ専門店に足を延ばしてみると良いかもしれません。

また、インターネットショップやオークションを利用するというのも、一つの手段になりますが、信用の出来るお店や取引相手から購入しないと、思わぬトラブルに発展することもあるため、注意が必要です。

いずれの購入方法でも、実際にテーラーメイドM1フェアウェイウッドを手に取り、お店や練習場で試打する事をオススメします。

体験してみないと自身に合っているか確認出来ない物ですし、安い買い物というわけではありませんので、購入後の後悔だけは避けたいものですよね。

6. まとめ

今回は、2016年”ホットリストジャパン”FWの部でゴールド賞を受賞したテーラーメイドM1フェアウェイウッドをご紹介しました。

昨今、ユニークなクラブが毎年発売されていますが、使用者の評価も高く、ドライバー並みの飛距離が出せるテーラーメイドM1フェアウェイウッドは、幅広いゴルファーにオススメです。

弾道やスピン量、打ち出し角で悩みを抱えている人にも対応しているフェアウェイウッドですから、そのような悩みを抱えているゴルファーは、是非、試打してみると良いでしょう。

買い替えをお考えの方は「一般的なゴルフクラブ」ではなく「選ばれるゴルフクラブ」である、テーラーメイドM1フェアウェイウッドの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中